〈星ドラ〉狭間の魔王の聖王について考える